ページの先頭です

子ども医療

[2016年8月1日]

ID:421

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年8月診療分より通院にかかる医療費の助成対象年齢を中学3年生まで拡大することになりました。
病院・診療所などで診療を受けた場合に、保険診療が適用された医療費の自己負担の一部(高額療養費や付加給付金など健康保険組合等から支払われる分を除いた額)を助成します。


対象者

本市に住所を有し、健康保険に加入している0歳から15歳(15歳に達する日以後、最初の3月31日まで)までの子ども。
※利用するには事前に「乳幼児医療費受給資格証」または「子ども医療費受給資格証」の交付を受ける必要があります。

助成内容

病院・診療所などで診療を受けた場合に、保険診療が適用された医療費の自己負担の一部(高額療養費や家族療養付加給付金など健康保険組合等から支払われる分を除いた額)を助成します。ただし、入院時の食事代や差額ベッド代、薬の容器代など健康保険が適用されない費用は助成の対象となりません。


未就学児のかたへ

受給資格証の交付申請の手続き

手続きに必要な物

  • 子どもの健康保険証
  • 印鑑(認印可)
  • 主たる扶養者の金融機関の口座番号がわかるもの
  • 主たる扶養者と受給対象者の個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カードと申請者(同一世帯内)の本人確認書類が必要になります。
  • 主たる扶養者の所得証明(1月1日現在、香芝市に住所がないとき)
    ※1月から7月の申請…前年度の所得証明
       8月から12月の申請…当該年度の所得証明

その他変更があった場合(転居・転出・死亡・医療保険の変更・氏名変更等)

届出に必要な物

  • 「乳幼児医療費受給資格証」または「子ども医療費受給資格証」
  • 受給者本人の個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カードと申請者(同一世帯内)の本人確認書類
  • 保険変更の場合は変更後の子どもの保険証

利用方法

1.県内の医療機関受診の場合

本市が交付する「乳幼児医療費受給資格証」または「子ども医療費受給資格証」を医療保険証と共に医療機関に提示し、医療保険の自己負担額をお支払いください。約3ヵ月後に自己負担額を除いた助成金が指定の口座に振込まれます。

2.県外の医療機関受診の場合

医療保険の自己負担額を医療機関にお支払いいただき、国保医療課窓口で申請してください。なお、高額医療費および付加給付金が生じる場合は原則として、先にそれらの請求を保険者に請求してください。

支払手続

申請に必要な物

  • 「乳幼児医療費受給資格証」「子ども医療費受給資格証」
  • 医療機関の一部負担金領収書(コピーでも可)
  • 高額医療費および付加給付金支給決定通知書等(高額医療または付加給付が支給される場合)
  • 印鑑(認印可)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

国保医療課

電話: 0745-79-7528

ファックス: 0745-79-7532

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


子ども医療への別ルート