ページの先頭です

ひとり親家庭等医療費助成事業の所得限度額

[2017年5月19日]

ID:422

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ひとり親家庭等医療費助成制度の所得制限限度額

前年の所得が条例で定める額以上の場合は、福祉医療制度の受給資格が喪失し、医療費の助成を受けることができません

ひとり親家庭等医療費所得制限限度額

父または母およびこれに準じる人、子、子の配偶者および父または母および子の扶養義務者※1(受給者の父母、祖父母、子、兄弟姉妹等)の前年の所得が児童扶養手当法施行令に規定する額未満であること

ひとり親家庭等医療費所得制限限度額表
扶養者人数受給者所得扶養義務者所得
0人1,920,000円未満2,360,000円未満
1人2,300,000円未満2,740,000円未満
2人2,680,000円未満3,120,000円未満
3人3,060,000円未満3,500,000円未満
以降一人につき380,000円加算380,000円加算
加算額老人控除対象者
または老人扶養親族
1人につき100,000円
特定扶養親族
1人につき150,000円
老人扶養親族
(扶養親族と同数の場合は1人を除き)
1人につき60,000円

※1 直系血族および兄弟姉妹(民法第877条)

所得が限度額を超えた方で、就学前の児童および中学校修了前の児童または身障手帳1,2級若しくは療育手帳の交付を受けられている方については子ども医療費助成制度または心身障害者医療費助成制度の対象となります。

関連リンク

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

国保医療課

電話: 0745-79-7528

ファックス: 0745-79-7532

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ひとり親家庭等医療費助成事業の所得限度額への別ルート