ページの先頭です

接骨院・整骨院で健康保険を使うときに注意すること

[2016年1月4日]

ID:468

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

  1. 負傷原因を正確に伝えましょう
    外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害や通勤災害に該当する場合は、健康保険は使えません。また、交通事故に該当する場合はご連絡をお願いいたします。
  2. 必ず請求内容を確認してから、委任状欄に署名しましょう
    施術内容を確認した皆さんの署名または捺印がある場合のみ、国民健康保険から療養費が接骨院・整骨院に支払われます。
    ・支払った金額と自己負担額が合っているか
    ・受診回数は合っているか
    ・負傷名・負傷原因は正しいか
    ・施術内容が合っているか
    を確認し、療養費支給申請書の「委任欄」に自分で署名または捺印しましょう。
  3. 領収書は、必ず貰いましょう
    医療費通知と内容を照合しましょう。領収書は、所得税の確定申告医療費控除の対象となりますので、大切に保管しましょう。
  4. 施術が長期にわたる時は、医師の診察を受けましょう。
    症状改善が見られない長期の施術の場合、他の要因も考えられますので、病院等の診察を受けましょう。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

国保医療課

電話: 0745-79-7528

ファックス: 0745-79-7532

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム