ページの先頭です

国保をやめるとき

[2018年5月16日]

ID:476

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国保をやめる届出

  1. 職場の健康保険などへ加入したとき・職場の健康保険の被扶養者になったとき
  2. ほかの市区町村へ転出したとき
  3. 死亡したとき
  4. 生活保護を受けることになったとき

このようなときは、国保をやめる届出が必要です。

国保をやめる届け出は14日以内にする必要があります。届け出が遅れると次のような事になることがありますので、届出はすみやかにすませましょう。

  • ほかの健康保険に加入しているのに国保の保険証を使って受診してしまった場合には、国保が負担した医療費は全額返さなくてはなりません。(手続きなどについては、こちらをご覧ください。)
  • 届け出が遅れてしまったために保険料を二重に支払ってしまうことがあります。

届出に必要な物

1 職場の健康保険に加入したとき・職場の健康保険の被扶養者になったとき

  • 印鑑(認印可)
  • 職場の健康保険の保険証
  • 対象のかたの国保の保険証(対象のかたが世帯主の場合で、同一世帯内に他の加入者の方がいらっしゃる場合は、他の加入者のかたの保険証)
  • 世帯主と届出されるかたの個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カードと本人確認書類

2 ほかの市区町村へ転出したとき

  • 印鑑(認印可)
  • 対象のかたの国保の保険証(対象のかたが世帯主の場合で、同一世帯内に他の加入者の方がいらっしゃる場合は、他の加入者のかたの保険証)
  • 世帯主と届出される方の個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カードと本人確認書類

3 死亡したとき

  • 印鑑(認印可)
  • 死亡を証明するもの(死亡届を提出済みの場合は不要)
  • 対象のかたの国保の保険証(対象のかたが世帯主の場合で、同一世帯内に他の加入者の方がいらっしゃる場合は、他の加入者のかたの保険証)
  • 世帯主と届出される方の個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カードと本人確認書類

 ※葬祭費の申請についてはこちらをご覧ください。

4 生活保護を受けることになったとき

  • 印鑑(認印可)
  • 保護開始決定通知書
  • 対象のかたの国保の保険証(対象のかたが世帯主の場合で、同一世帯内に他の加入者の方がいらっしゃる場合は、他の加入者のかたの保険証)
  • 世帯主と届出される方の個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カードと本人確認書類

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

国保医療課

電話: 0745-79-7528

ファックス: 0745-79-7532

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム