ページの先頭です

医療費が高額になったとき

[2018年8月1日]

ID:481

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高額療養費

1か月(月の初日から月末まで)に支払った医療費の自己負担額が、下表の限度額を超えた場合、申請して認められると、超えた分が高額療養費として支給されます。

申請が必要になるのは初回のみです。2回目以降は、口座番号等を変更されない限り登録口座に振り込まれます。

※高額療養費の計算は奈良県後期高齢者医療広域連合で行っています。広域連合のホームページはこちらです。


自己負担限度額一覧(平成30年7月まで)
所得区分外来(個人単位)外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者57,600円80,100円+(医療費-267,000円)×1%(※1)
一般14,000円(※2)57,600円(※1)
低所得者28,000円24,600円
低所得者18,000円15,000円
自己負担限度額一覧(平成30年8月から)
所得区分外来(個人単位)外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者3

課税所得690万円以上
252,600円+(医療費-842,000円)×1% (※3)
現役並み所得者2

課税所得380万円以上
167,400円+(医療費-558,000円)×1% (※4)
現役並み所得者1

課税所得145万円以上
80,100円+(医療費-267,000円)×1% (※1)
一般 課税所得145万円未満18,000円 (※2)57,600円(※1)
低所得者28,000円24,600円
低所得者18,000円15,000円

・所得区分については、こちらをご覧ください。

●世帯単位とは同一世帯の後期高齢者被保険者のみを対象とします。

●過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合4回目以降は

  (※1)44,400 円、(※3)140,100円、(※4)93,000円となります。 

●(※2)年間(8月から翌年7月)の限度額は144,000円です。

医療機関でのお支払いについて

一つの医療機関でのお支払額は、自己負担限度額までとなります。

●低所得1、低所得2のかたは、「限度額適用・標準負担額減額認定証」、平成30年8月からは現役並み所得1、現役並み所得2のかたも「限度額適用認定証」の医療機関への提示が必要となりますので、国保医療課に申請してください。


申請に必要な物

・後期高齢者医療の被保険者証(保険証)

・印鑑(認印可)

・届け出されるかたの個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カードと本人確認書類

・違う世帯のかたが届け出に来る場合、委任状

申請の手順

1.国保医療課に交付申請をする。

2. 認定証が交付される。

注意事項

・保険料を滞納していると、交付されない場合があります。

高額療養費の計算のしかた

・病院、診療所、診療科の区別なく合算します。

・入院時の食事代や、保険がきかない個室代、差額ベッド代などは支給の対象外となります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

国保医療課

電話: 0745-79-7528

ファックス: 0745-79-7532

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム