ページの先頭です

入院したときの食事代(入院時食事療養費)

[2018年5月2日]

ID:7995

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

後期高齢者の入院時食事代

入院した時の食事代は、1食あたり次の標準負担額を自己負担します。

所得区分が現役並み所得者、一般の人については、平成30年度から、460円に変更されました。

入院時食事代の標準負担額(1食あたり)
区     分負担額
現役並み所得者、一般460円(※1)
低所得者2
90日までの入院
210円
低所得者2
過去12ヶ月で90日を超える入院
160円
低所得者1100円

※1 一部260円の場合があります。

●所得区分については、こちらをご覧ください。

低所得者1、低所得者2の人は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提出する事が必要となりますので、国保医療課へ申請してください。

限度額適用・標準負担額減額認定証 交付申請手続方法

申請に必要な物

  • 後期高齢者医療の被保険者証(保険証)
  • 印鑑(認印可)
  • 届出される方の個人番号(マイナンバー)カードまたは通知カードと本人確認書類
  • 違う世帯のかたが届け出に来る場合、委任状

申請の手順

  1. 国保医療課に交付申請をする。
  2. 認定証が交付される。

注意事項

  • 保険料を滞納していると交付されない場合があります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

国保医療課

電話: 0745-79-7528

ファックス: 0745-79-7532

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム