ページの先頭です

相撲発祥の地『腰折田』(現在の香芝市磯壁・良福寺付近)

[2018年9月5日]

ID:4441

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

相撲発祥の地『腰折田(こしおれだ)』(現在の香芝市磯壁・良福寺付近)

『日本書記』垂仁天皇7年7月7日の条に、「當麻郷には當麻蹶速(たいまのけはや)という勇敢剛力がいて、天下に敵なしと豪語していた。天皇が群臣に力くらべ(角力)をするものを求められた。そこで、出雲の野見宿禰(のみのすくね)が召され、両人に力くらべをおさせになった。たちどころに蹶速は腰の骨を折られて死んだ。これにより、蹶速の領地が没収され宿禰に賜った。」とあります。

江戸時代に編纂された地誌『大和志』には、「腰折田は良福寺にあり」とみえ、両人の決闘の地として今に伝えられています。この伝承は、奈良時代に宮中で始まる相撲節会(7月7日)の起源とされています。


  ・所在地:香芝市磯壁6丁目地内(腰折田伝承地看板設置場所)

  ・アクセス:≪鉄道≫

       (1)近鉄南大阪線「二上神社口駅」下車、南東へ徒歩約16分(約1.4km)

       (2)JR和歌山線「JR五位堂駅」下車、西へ徒歩約17分(約1.4km)

       (3)近鉄大阪線「近鉄下田駅」下車、南へ徒歩約20分(約1.6km)

  ・駐車場:無

  ・トイレ:無


腰折田公園(腰折田伝承地)

腰折田公園前景

腰折田公園と二上山

腰折田の由来を記した説明看板

腰折田の由来を記した説明看板写真

付近地図

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

商工振興課

電話: 0745-76-2001(代)

ファックス: 0745-78-3830

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム