ページの先頭です

大の松為次郎の墓碑

[2018年9月5日]

ID:4442

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

大の松為次郎の墓碑

 大坂山口神社(穴虫)の須佐之男命を奉祀するため、享保21(1736)年の『大和志』には「在穴蒸村今称牛頭天王名区也」とあり、近世、牛頭天王社または祇園宮と称されていた。秋の大祭には、古くから牛頭天王に奉納する宮相撲が行われ、「馬場(東穴虫)のお宮さんの相撲」といい、相当な賑わいであったようである。それを彷彿させるかのように、拝殿には、文久2(1862)年と明治38(1905)年の板番付が残され、境内には「馬場組」とある記念碑もあり、近年まで土俵が残されていた。

 この馬場組をリードしたのは、地元出身の力士である大の松為次郎こと、吉田栄蔵である。 『二上村史』には大正4年6月に大坂山口神社で引退興行を行ったとある。

 西穴虫の智足庵には「大の松之墓」とある墓碑があり、引退の折(生前)に建立されたものと考えられる。 大正14年11月6日、63才で没したが、その葬儀には親友の大阪相撲高田川部屋幕内力士の初嵐が来て棺を担いだという。

 大の松は引退後、勧進相撲の総元締として活躍している。



  ・所在地:香芝市穴虫2480

  ・アクセス:≪鉄道≫

       近鉄南大阪線「二上山駅」下車、西へ徒歩約10分(約0.8km)

  ・駐車場:無

  ・トイレ:無


大の松為次郎の墓碑写真

付近地図

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

商工振興課

電話: 0745-76-2001(代)

ファックス: 0745-78-3830

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム