ページの先頭です

微小粒子状物質(PM2.5)について

[2021年4月6日]

ID:122

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

今般、中国からの大気汚染物質の日本国内への流入が懸念されています。国は以前から環境基準を定めている他、地方公共団体でも常時監視が行われています。

環境基準を超えると即人体に影響を及ぼすというわけではありませんが、外出時はマスクを着用する、帰宅時は洗顔やうがいをする等、各自予防に努めてください。 

※奈良県では環境省が定めた暫定指針値(日平均値70μg/立方メートル)を超えると予測された場合、当日午前8時30分までに、または午後1時30分までに注意喚起が行われます。県環境情報サイト「エコなら」に注意喚起のお知らせが表示されている場合、下記事項にご留意ください。

注意喚起時の行動目安(例)

  • 不要不急の外出を避け、屋外での長時間の激しい運動は控える
  • 屋内でも換気や窓の開閉は必要最小限に
  • 呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者はより慎重に行動する

その他PM2.5に関する情報は、こちらをご参照ください。

疑問を解決したい方

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

市民衛生課

電話: 0745-76-2001(代)

ファックス: 0745-78-3830

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


微小粒子状物質(PM2.5)についてへの別ルート