ページの先頭です

災害対策・災害時の避難場所

[2017年11月8日]

ID:1877

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市は、水害が起こる恐れがある場合は水防本部を、地震、台風、大雨や土砂崩れなどの大規模な災害が発生し、または発生する恐れがある場合には災害対策本部を設置します。

災害の発生した場合に備えて、日頃から避難場所の位置や避難経路を家族みんなで確認しておきましょう。

災害時の避難場所

市は、災害が発生し、または発生する恐れがある場合に、災害の種類、気象状況等を考慮して安全かつ適切な指定避難所等を選定し開設します。

指定避難所

避難のための立退きを行った居住者や滞在者等を避難のために必要な間滞在させ、または自ら居住の場所を確保することが困難な被災者を一時的に滞在させるための避難施設。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

福祉避難所

高齢者や身体障害者等の要配慮者で、避難生活に特別の配慮を要する人のための指定避難所。

指定緊急避難場所

災害が発生し、または発生する恐れがある場合における円滑かつ迅速な避難のための立退きの確保を図るために、災害の種類別に指定される施設または場所。

一時避難地

火災発生時に、市民が一時的に避難できる場所。

地震から身を守る10カ条

グラッときたら身の安全

まず、ケガをしないように身を守りましょう。

すばやい消火火の始末

大きな揺れがおさまったらまず、火の始末をしましょう。

窓や戸を開け出口を確保

あわてないで、出口を確保しましょう。

落下物あわてて外に飛び出さない

足下のガラス片、かわらなどが落下しているかも。

室内もガラスの破片に気をつけよう

足にケガをすると、歩きにくくなり避難もしづらくなります。

確かめ合おうわが家の安全隣の安否

「大丈夫ですか?」と声をかけ合いましょう。

協力し合って救出・救護

「助けてくれ!」「火事だ!」の声が上がったら、みんなで力を合わせて助け合いましょう。

避難の前に安全確認電気・ガス

電気のブレーカーやガスの元栓は必ず切って避難しましょう。

門や塀には近寄らない

余震などで倒れることもあり危険です。

正しい情報確かな行動

ラジオ・インターネット・市の広報車などの情報で行動しましょう。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

生活安全課

電話: 0745-76-2001(代)

ファックス: 0745-78-3830

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム