ページの先頭です

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

[2017年4月1日]

ID:5707

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業とは?

高等学校を卒業していない(中退を含む)ひとり親家庭の親及び児童が、高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められる高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す場合において、民間事業者等が実施する対策講座の受講費用の負担軽減を図るための給付金を支給することにより、ひとり親家庭の親及び児童の学び直しを支援します。

対象者

市内に居住し、ひとり親家庭の親(20歳未満の児童を扶養している方)または児童であって、次の支給要件の全てを満たす方です。

ただし、高校卒業者など大学入学資格を取得している方は対象となりません。

(1)児童扶養手当の支給を受けている方、または、同様の所得水準にある方。

(2)高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる方。

(3)過去に本事業の給付金を受給していない方。

対象講座

高卒認定試験の合格を目指す講座(通信制講座を含む)とし、市長が適当と認めたもの。

※講座の受講を始める前に、受給要件の審査や対象講座の指定など、母子父子自立支援員への相談が必要です。

支給額

受講修了時給付金・・・支給対象者が対象講座の受講を修了した時に支給される給付金

              受講費用の2割(上限10万円)

合格時給付金・・・・・・・受講修了時給付金を受けた方が、受講終了日から起算して2年以内に

              高卒認定試験の全科目に合格した場合に支給される給付金

              受講費用の4割(受講修了時給付金と合わせて上限15万円)


詳しいことは児童福祉課へお問合せください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

児童福祉課

電話: 0745-79-7522

ファックス: 0745-79-7532

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業への別ルート