本文へジャンプする

Language   English    한국어              

全国初旧石器文化を紹介する石の博物館


 ■群馬県みどり市岩宿博物館との連携協力について
  
平成26年10月26日、旧石器文化を紹介する当館と岩宿博物館が連携協力を結ぶ協定書の調印式を
 
行いました。⇒調印式の様子は こちら から。 ⇒協定書の内容は こちら から。
     
岩宿博物館ホームページ(外部リンクへ)
 
各種行事の中止又は延期のお知らせ
 
埋蔵文化財の問い合わせについて (生涯学習課文化財係)
 香芝市二上山博物館 News Letter  (隔月配信) 更新しました。H26. 10. 25
 ■香芝市二上山博物館イベント情報 (隔月配信) 更新しました。H26.10. 25   
 ■ CAN CAN Mailmagazine 「博物館/図書館メルマガ」 (毎月配信)
 金剛葛城地域博物館ネットワーク協議会(加盟館の紹介・外部リンクへ)

利用案内

二上山博物館運営方針と施設の概要

常設展示と博物館活動(年報)

各種講演会・講座

調査・研究、かしばの文化財

小・中学生ガイド 原   始古代へ行こう!

友の会・ふたかみ史遊会

二上山博物館ボランティアガイドの会

イベントアルバム

刊行物等のご案内

アクセス

メール   お問い合わせは、こちらから

●現在・これからの展覧会

企画テーマ展
 歴史ロマンが香る、かしば探訪 特集■市指定文化財③
      「小原家文書─五位堂鋳物師関係史料─

会期●平成27年2月1日(日)~2月27日(金) 
会場●二上山博物館・企画テーマ室

         ⇒詳細は決定次第、ご案内いたします。

         ⇒過去の特別展は、こちらのページをご覧ください。

  *企画テーマ室では、下田東1号墳の「埴輪、入れ墨の人物と巫女」(常設)と下田東
    遺跡出土の考古資料(12/6~1/31)を展示しています。



                              千股池からの遠望(香芝市良福寺) 撮影:二上山博物館

二上山博物館と3つの石

香芝市は、古代から近代まで、二上山が産んだ3つの石で知られている。
数万年前の旧石器時代から2千年前の弥生時代に至るまで、青銅や鉄と同じぐらい重要な資源であったサヌカイト。
5・6世紀に、王者の棺として切り出された二上山凝灰岩。
明治以降、全国の90パーセント余りを占めた研磨材としての金剛砂。
これらは、それぞれの時代の“原子の火”であった。今、ここに3つの石がよみがえり、日本史上にはたした役割が浮かびあがる。金剛砂が天体望遠鏡のレンズ研磨材として活用されているのは、先人の工夫が未来につながっていることを象徴している。
二上山麓の、葛城の古代を歩みながら、未来への道をたのしんで下さい。

このホームページに掲載されている写真等の無断転載を禁止します。

  • 二上山博物館
  • 〒639-0243 奈良県香芝市藤山一丁目17番17号
  •                     (香芝市ふたかみ文化センター1F)
  • TEL 0745-77-1700 FAX 0745-77-1601
  • 開館時間 9:00~17:00 
  • 休館日 月曜(月曜日が祝日の場合はその翌日)・年末年始(12月28日~1月4日) 
お問い合わせ