ホーム > 香芝市がもしも100人の村だったら・・・

香芝市の普及率と水洗化率 『香芝市がもしも100人の村だったら・・・』





香芝市の公共下水道整備状況

仮想100人のかしば村
香芝市
事業認可面積
1,244.00ha
処理区域面積
754.10ha
行政区域内人口【総人口】 (A)
100人
79,246人
処理区域内人口 (B)
70人
55,563人
公共下水道利用人口 (C)
64人
50,965人
▽普及率 (B/A)
70.1%
▽水洗化率 (C/B)
91.7%

<平成30年3月末現在>

最新の整備状況はこちら

▽普及率とは? (B)処理区域内人口

行政区域内人口に対して、どのくらいの割合の人が下水道を利用できるかを表す値です。下水道を実際に利用している人の割合ではありません。100人の村に例えると70人がこの値にあたります。

▽水洗化率とは? (C)公共下水道利用人口

下水道が利用できる人のうち、どのくらいの割合の人が下水道に接続し、実際に利用しているかを表す値です。100人の村に例えると64人がこの値にあたります