ホーム > 小学生のページ1 > 小学生のページ2

下水道のおはなし

水の循環(じゅんかん)

     空から降る雨はやがて・・・                 川や湖に流れこみます。            そこからくみ上げられた水は、わたしたちの生活の中で使われます。            使われた水は、ふたたび川や海に流れこみます。            海の水はじょうはつして、雲をつくり、雲は雨を降らせます。  

水の循環



 つまり、わたしたちが生活に使った水は、やがて、わたしたちのもとへもどってくるのです。これを「水の循環(じゅんかん)」といいます。

 下水道は、この水の循環(じゅんかん)の中で、わたしたちが生活の中で使ってよごれた水をきれいにしてから、川や海にもどしたり、降った雨を安全に、川や海に流したり、ためたりして家や道路などの浸水(しんすい)を防ぐという大切なやくわりをもっています。下水道がなければ、よごれたままの水が流れこんで、川や海はきたなくなり、降った雨でまちが浸水(しんすい)してしまいます。

 きれいにした水やためた雨水は、せせらぎ用水や道路の散水などにも利用されています。

 水の循環(じゅんかん)において下水道は大きなやくわりを担(にな)っているのです。


マンホールは『下水道のかお』

 ふだんは、地下にあって見ることができない下水道。でも、ひとつだけ見ることができる「下水道のかお」があるよ。それが、みんなもよく目にしている鉄の丸いふた。そう、それが「マンホール」とよばれるもので、「下水道のかお」なんだ。でも、すべてのマンホールが下水道のものじゃなくて、香芝市下水道のマンホールのかおは、市の木「かし」と市の花「すみれ」をデザインしたものになっているよ。


香芝市下水道のかお

    普通のマンホール

香芝市下水道のかお

                  市内に一つだけ設置されているカラーのマンホール


           香芝市の「下水道のかお」


 みんなの家の近くにも、いろんなマンホールがたくさんあるから、「下水道のかお」を探してみてね。マンホールを見るときには、交通ルールをしっかり守って、車などに注意してね。


12345 |        → つぎのページにつづくよ!

日本下水道協会のページ

日本下水道協会

ゲームやクイズもあるよ!


ページ1の内容

ページ2の内容

ページ3の内容

ページ4の内容

ページ5の内容