ホーム > 災害用マンホールトイレ

災害用マンホールトイレ

仮設トイレの目的

 1995年の兵庫南部地震や2004年の新潟県中越地震では、トイレの使用制限が長期化したことにより、住民の健康状態や社会活動に重大な支障をきたしました。

 特に、2004年の新潟県中越地震では、高齢者や女性のトイレ我慢が健康を阻害したとして、社会的問題としてクローズアップされました。

 このように、住民の生命保持と公衆衛生という観点から、災害時におけるトイレ対策の重要性が改めて認識されています。

マンホールトイレシステムとは

 災害時のトイレ対策として、下水道管路上にあるマンホールの上に仮設トイレを設ける仕組みをマンホールトイレシステムといいます。

 地震などの災害発生時に、電気や水道などのライフラインが止まると、既存のトイレが使用できなくなるといった重大な影響が住民の生活に及ぼされます。

 また、汲み取り式仮設トイレにおいては汚物が急速に溜まるため、汚水の滞留・流出に伴う伝染病の発生など、衛生状態の悪化を招き、二次災害を発生させる恐れがあります。

 このようなことから、災害時に安心して利用できるトイレの確保が必要であるという声が高まってきています。

 マンホールトイレは、下水道に直結しているので汚物を直接流すことができ、衛生面において優れています。

マンホールトイレの仕組み

 マンホールトイレシステムには、流下型(便槽に溜まった汚物を、マンホール上流側から水を投入・洗浄することで下流に流す。) 貯留型(下流側に設置した仕切弁を閉め、水を便槽内に貯め、一定期間後に弁を開けて水を排泄物とともに下流へ流す。) 備え付けタンク型(各便器に備え付けタンク等により、トイレ利用時に排泄物を少量の水とともに流す方式。)などのタイプがあります。

 本市では、一定量の水量を上流から流すことで、汚物が詰まりにくく使用水量も少なくて済むことなどから、【貯留型】を採用しています。

 マンホールトイレは学校などの避難所に設置しており、その仕組みは以下の図のようになっています。

マンホールトイレシステム

災害用マンホールトイレの使用方法はこちら

香芝市の取り組み

マンホールトイレ設置状況

 本市では平成16年度~平成19年度に香芝市内の下水道事業計画区域全域を対象に、地震時における被害予測から下水道の防災目標、減災目標を達成するための耐震対策を網羅的に定めた「香芝市下水道地震対策計画」を策定しました。

 その結果を基に、平成21年度より下水道地震対策緊急整備事業として、緊急的に耐震対策を実施する施設を設定し、下水道管渠の耐震化やマンホールの浮上対策、マンホールトイレシステムの設置に取り組んでいます。

 なお、平成27年度末現在におけるマンホールトイレ整備済み箇所については、以下のとおりです。

設置年度
設置場所
仮設トイレ
の基数
送水方法
備考
平成22年度
香芝健民運動場
4基
手動ポンプ
平成23年度
香芝中学校
14基
自然流下
平成23年度
香芝西中学校
8基
自然流下
平成24年度
香芝北中学校
9基
手動ポンプ
平成26年度
真美ヶ丘西小学校
4基
自然流下
平成26年度
真美ヶ丘東小学校
3基
自然流下
平成27年度
香芝東中学校
8基
自然流下

災害用マンホールトイレ設置箇所図はこちら

今後の展開

 現在、国の補助制度を活用しながら、小・中学校を中心に7箇所・計50基を設置完了いたしました。(平成28年3月末時点)

 また、災害時に市民の方が、マンホールトイレを実際に使用できるよう、広報、周知などをより一層推進していくため、各関係部署と協力し、地域防災訓練、下水道の日のイベントおよび広報紙などを活用しながら、PR活動にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。



~仮設トイレと防災訓練状況~

訓練状況①

訓練状況②

訓練状況③



お問い合せ先


・仮設トイレや仮設テントなどの防災関連について
市民環境部 生活安全課 防災安全係  TEL 0745-76-2001

・災害用マンホールトイレ設置などの工事関連について
上下水道部 下水道課 工務係  TEL 0745-71-6101

関連リンク集

国土交通省へのリンク

【国交省政策チャンネル】

 ・マンホールトイレ普及啓発動画>災害時のトイレ、どうする?

【水管理・国土保全】

 ・下水道>マンホールトイレ整備・運用のためのガイドライン