ページの先頭です

発議・意見書・決議

[2020年12月3日]

ID:56

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

発議(議員・委員会提出議案)

地方自治法では、予算を除いて条例などの議案を議員・委員会が提出する権利を定めています。地方自治法112条「普通地方公共団体の議員は、議会の議決すべき事件につき、議案を提出することができる」との規定に基づき議員が提案するものと、地方自治法109条「常任委員会は、議会の議決すべき事件のうちその部門に属する当該普通地方公共団体の事務に関するものにつき、議会に議案を提出することができる」との規定に基づき委員会として提案するものがあります。

意見書

意見書とは、地方公共団体の公益に関して、議会の意思を意見としてまとめた文書のことです。地方自治法第99条には、「普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会または関係行政庁に提出することができる」と規定されており、具体的には、議員が発案して本会議にはかり、審議の結果、可決された場合、議長名で関係機関に提出します。

決議

決議とは、議会が行う意思形成行為で、議会の意思を対外的に表明するために行われる議会の議決のことです。決議の内容は、当該地方公共団体の公益に関する限り広範な問題も可能で、例としては、「核実験再開に断固抗議する宣言」などの意思を表明するもののほか、法的効果を伴うものがあります。

具体的には、意見書と同じように議員が発案して本会議にはかりますが、可決されてもどこかに提出するということはありません。また、意見書とちがって法的な根拠はありません。

発議・意見書・決議書

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

議会総務課

電話: 0745-44-3341

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


発議・意見書・決議への別ルート