ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する情報 > 新型コロナウイルスワクチン集団接種会場の予行演習を実施しました

本文

新型コロナウイルスワクチン集団接種会場の予行演習を実施しました

ページID:0015337 更新日:2021年4月5日更新 印刷ページ表示

令和3年4月3日土曜日、香芝市は新型コロナウイルスワクチンの接種開始に先駆け、香芝市医師会や看護師、ボランティアの皆さん、委託業者、市の職員等総勢125名で、集団接種会場の予行演習を香芝市総合体育館で実施しました。

演習内容

  • 2パターンの接種会場シュミレーション(各ブースの所要時間の計測や課題の洗い出しなど)
  • 副反応対応
  • アナフィラキシー反応が起きた際の救護から搬送の流れの確認
  • 医師会との意見交換

予行演習時の接種の流れ

  1. 入口で検温・手指消毒を行います。(37.5℃を超える場合は会場に入ることができません)
  2. 受付で「予約時間」を確認し、「新型コロナワクチン接種券」・「身分証明書」で本人確認、再度検温を行います。(接種券や身分証明を忘れた場合は接種できません)
  3. 予診票に記入漏れがないか確認を行います。
  4. 看護師による相談(接種にあたっての質問や相談)を行います。
  5. 医師による予診を行い、接種の可否を判断します。
  6. 医師がワクチン接種を行います。
  7. 接種済み証の発行を行います。
  8. 2回目の接種予約(必要な方)を行います。
  9. 接種後15から30分容態が悪くならないか、会場で経過観察を行います。
  10. 待機時間が過ぎたらご帰宅ください。

集団接種予行演習の流れの写真 [PDFファイル/1.31MB]

アナフィラキシー応対訓練

  • 接種後、体調不良者が出た場合にアナフィラキシーと判断する基準について
  • 医師、看護師の動き方や処置方法の確認
  • 救急車を呼ぶ流れ、搬送手順の確認

アナフィラキシー対応訓練写真 [PDFファイル/1.1MB]

参加者の声

「入口の検温が混雑していた」「もっと矢印表示があるとわかりやすい」「相談ブースの待ち時間が長い」など、当日参加者からは多くの貴重なご意見をいただきました。
いただいたご意見や先行自治体の事例などを参考に、より安全かつ円滑な接種体制を検討してまいります。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?