ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する情報 > 妊娠中の方の新型コロナウイルスワクチン接種について

本文

妊娠中の方の新型コロナウイルスワクチン接種について

ページID:0007171 更新日:2021年9月10日更新 印刷ページ表示

妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期は重症化しやすく、早産のリスクも高まるとされています。

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大しており、妊娠中の方への感染例も報告されている中、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会等から、妊婦等への新型コロナワクチン接種に関する接種勧奨がなされています。

日本で承認されている新型コロナワクチンが、妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。

産科主治医とご相談のうえ、夫、パートナーの方も含め、ぜひ接種をご検討ください。

 


日本産科婦人科学会 公式

  1. 令和3年6月17日(木曜日) 新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて
https://www.jsog.or.jp/news/pdf/20210617_COVID19.pdf<外部リンク>
  1. 令和3年8月14日(土曜日) 新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第 2 報)
https://www.jsog.or.jp/news/pdf/20210814_COVID19_02.pdf<外部リンク>
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?