ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康部 > 介護福祉課 > 「障害者・特別障害者控除対象者認定書」の誤送付による個人情報の漏えい

本文

「障害者・特別障害者控除対象者認定書」の誤送付による個人情報の漏えい

ページID:0042495 更新日:2023年11月10日更新 印刷ページ表示

概要等

 令和5年10月27日(金)、介護福祉課において障害者・特別障害者控除対象者認定書(以下「認定書」という。)の申請者氏名・住所欄に別人の氏名・住所を記載し送付するという事案が発生しました。

判明経過 

 令和5年11月6日(月)、誤送付を受けた方より申し出があり判明しました。

原因

 認定書はエクセルファイルで台帳管理しており、市外の申請者は認定書作成の都度、氏名・住所を上書き入力すべきところ、その入力を失念し、前回の別人データのまま認定書を作成しました。また、封入封緘時における確認も十分に行われていませんでした。

対応

 個人情報が漏えいした方及び誤送付を受けた方、双方に対し経緯を説明の上、謝罪を行いました。また、書類を回収し、正式な書類を送付しました。
 今後は研修等を通じて、個人情報の取扱いについて職員に再度周知徹底するとともに、封入封緘時等の点検・確認体制を強化し、再発防止に取り組み、市民の皆さまの信頼回復に努めます。

​​


皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?