ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の方へ > 事業主 > 事業者支援 > 中小企業特許等取得支援事業補助金
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・産業 > 産業 > 商工業 > 中小企業特許等取得支援事業補助金

本文

中小企業特許等取得支援事業補助金

8 働きがいも経済成長も9 産業と技術革新の基盤をつくろう
ページID:0006664 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

中小企業特許等取得支援事業補助金制度とは

※※※令和4年度の受付は終了しました。※※※​

この補助金は、市内企業の競争力強化を図るため、市内の中小企業者が、特許権・実用新案権を取得する際に必要な出願等の経費の一部を補助するものです。

補助金の交付を受けることができる方

中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に規定する中小企業者で次のいずれにも該当する方。

  1. 市内に事業所、または工場を有すること。
  2. 市税を滞納していないこと。
  3. 香芝市暴力団排除条例第2条に規定する暴力団員等と密接な関係を有するものでないこと。

補助対象の知的財産権

  1. 特許権
  2. 実用新案権

(上記2つの知的所有権を以下「特許権等」という。)

補助対象経費

特許権等取得のための、出願に要した次の経費とします。ただし消費税は対象外といたします。詳しくは、お問い合せください。

  1. 出願のため、弁理士に支払う手数料
  2. 出願料および、出願審査請求に要する経費

※令和5年2月28日までに事業が完了(出願の終了)するものに限る。

補助金の額

予算の範囲内において、補助率は補助対象経費の2分の1以内です。

限度額

  • 特許出願にあっては20万円
  • 実用新案登録出願にあっては10万円

補助金の制限

次の場合は、本補助金を受けることができません。

  1. 同一年度に本補助金の交付を2回以上受ける場合
  2. 補助対象事業者が取得する特許等について、国または他の地方自治体から同一の趣旨の補助金の交付を受けた場合

申請受付時期と申請に必要な種類

※出願申請の概ね1ヶ月前を目処に申請してください。

次の書類を、直接商工観光課へ提出してください。

  1. 香芝市中小企業特許等取得支援事業補助金交付申請書
  2. 出願の概要書
  3. 出願に要する経費の収支予算書
  4. 市税に滞納がない証明書
  5. その他市長が必要と認める書類

申請書等はこちら

要綱はこちら

香芝市中小企業特許等取得支援事業補助金交付要綱[PDFファイル/274KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)