ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 産業振興局 > 農林課 > イノシシにご注意ください

本文

イノシシにご注意ください

ページID:0020053 更新日:2022年9月13日更新 印刷ページ表示

市民の皆さんへ

令和4年5月末より、市内でのイノシシの目撃情報が多数寄せられています。

イノシシは警戒心が強く、臆病な動物です。人から何もしない限りは襲ってくる可能性はほとんどありません。しかし興奮していたり、発情期(晩秋~冬)や分娩後で攻撃的になっていたり、至近距離で突然出会った場合には注意が必要です。イノシシを見かけた際は下記の注意を払い、身の安全を守りましょう。

イノシシを見かけたときは

  • イノシシに出会ったら、静かにその場を離れるようにしましょう。急に走り出してイノシシを興奮させないこと。
  • イノシシが興奮している場合は、後ろを向くと襲ってくることもあるので、なるべく背中をみせないよう、ゆっくりと後退するようにしましょう。
  • たてがみを逆立てて、明らかに威嚇している状態でなくても、シュー、カッカッカッ、クチャクチャクチャという音をイノシシが発していたら、威嚇音ですので注意する必要があります。
  • 棒を振り上げたり、石を投げたりしてイノシシを挑発するのは大変危険です。逆上したイノシシが向かってくることもあります。
  • うり坊(イノシシの子)を見かけても、近くに母イノシシがいる可能性が高いので、近づいたり追いかけたりはもちろんのこと、食べ物を与えることも絶対にしないでください。食べ物を与えることで、人への警戒心を低下させ、供給源だと学習させることになります。

イノシシに出会わないためには

  • 道を歩くときには鈴やラジオ等の音が出る物や懐中電灯などの光で人間の存在をイノシシに知らせるようにしてください。
  • 家庭菜園や田園まわりに収穫の残りを放置したり、収集日以外の日にごみを屋外へ出さないようにしましょう。放置するとイノシシが餌場として認識してしまいます。

どうしても接近を避けられないときは

イノシシと出会ったら、静かにその場を離れるのが一番ですが、イノシシが接近してくることがあります。接近が避けられない場合は、イノシシに逃げ場所を明け渡しつつ、安全な場所へ緊急避難しましょう。
安全な場所とは、イノシシから人間が見えない場所や、イノシシが簡単に登れない場所です。

目撃情報

目撃情報一覧
 日付       時刻 場所 頭数 備考
令和3年10月18日 昼方 晴実台 1 目撃のみ
令和3年10月21日  21時15分頃

165号線沿い

(穴虫2864付近)

1 バイクと接触
令和3年10月25日 夕方

竹田川沿い

(穴虫2100付近)

1 目撃のみ
令和4年5月27日 19時30分頃 近鉄二上駅西側の踏切から香芝西中学校にかけての道路 不明

目撃のみ

令和4年5月28日 19時頃 高山台 松かげ公園内 1 目撃のみ
令和4年6月4日 6時50分頃 旭ケ丘東小山公園 1 目撃のみ
令和4年6月15日 16時頃 今泉1024-1付近 1 目撃のみ
令和4年6月29日 15時30分頃 武烈天皇陵南側 1 目撃のみ
令和4年9月12日 18時頃 関屋北4丁目付近 1 目撃のみ

 


皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?