ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する情報

本文

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する情報まとめ

ページID:0012604 更新日:2022年4月28日更新 印刷ページ表示

スマートフォンで閲覧される方については、ページの下部を見ていただくと、サイドメニューが確認できます。
サイドメニューの閲覧方法(スマートフォン版デザインで閲覧されている方向け)

サイドメニューを確認する


新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する情報をまとめています。

新型コロナウイルスワクチンは、新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延を防止することが期待されています。

接種費用

接種費用は無料です。

接種回数・対象者

初回接種(1回目接種・2回目接種)

香芝市の集団・個別接種会場で初回接種を受ける場合は、ファイザー社製ワクチンを提供しています。
また、5歳から11歳までは小児用、12歳以上は一般用のワクチンです。

ファイザー社製のワクチンは1回目接種後3週間の間隔をあけて、6週間以内に接種することを目安としています。(6週間以降はなるべく早く接種してください。)

ファイザー社製のワクチンを1回目接種した香芝市民で、1回目の接種会場での2回目予約が6週間以内に取れない場合は、香芝市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(0745-44-8970)へご相談ください。

初回接種の接種優先順位について

1、2回目接種における接種順位の上位の者の具体的な範囲については、接種目的に照らして以下のとおりとされています。

初回接種時の接種優先順位
順位 国が定める順位区分 香芝市内の順位区分
1 医療従事者等 左記と同じ
2 高齢者
(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれたかた)
左記と同じ
3

高齢者以外で基礎疾患を有するかたや高齢者施設等で従事されているかた

左記と合わせて身体障害者手帳を所持しているかた
4 上記、順位1,2,3以外のかた 上記、順位1,2,3以外のかた

※基礎疾患の範囲については下記の「コロナワクチン接種における基礎疾患を有するものの範囲」をご確認ください。

なお、追加接種については2回目接種から一定期間経過した者から順に接種を行えます。

第一期追加接種(3回目接種)

第一期の追加接種回数は1回です。

初回接種を終えてから6か月を経過した12歳以上のかたが接種できます
接種間隔の前倒しについては別ページ「前倒しの接種間隔について」をご確認ください。

接種可能ワクチン
ワクチン種類 18歳以上 12歳以上18歳未満
ファイザー社製
(市内個別医療機関、他)
モデルナ社製
(集団接種会場、大規模・広域接種会場、他)
×

第二期追加接種(4回目接種)

令和4年4月28日現在、まだ4回目接種はできません。厚生労働省が予防接種法関係省令の改正手続きを行っています。予防接種法が改正されるまでお待ちください。


第二期の追加接種回数は1回です。

第一期の追加接種を終えてから原則5か月を経過したかたで、次に該当するかたが対象です。

  • 60歳以上のかた
  • 18歳以上60歳未満で以下のいずれかに該当するかた※
    1. 「コロナワクチン接種における基礎疾患を有するものの範囲」に該当する場合
    2. 新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める場合
    ※香芝市へ3回目接種の記録が登録されているかたへ4回目接種間隔に間に合うようにインターネット申請窓口案内を郵送します。申請されたかたに限り4回目の接種券が発送されます。詳細について別ページをご確認ください。

4回目接種の努力義務について

第二期追加(4回目)接種を受けれる対象者は、予防接種法の特例臨時接種の位置付けにより、60歳以上のかた、または18歳以上から60歳未満で基礎疾患等に該当するかたとなっていますが、努力義務が規定されているのは60歳以上のみであり、18歳以上60歳未満で基礎疾患等に該当するかたについては努力義務の規定を適用しないこととしています。
また、接種するかの判断については、接種券に同封する予防接種についてのお知らせや説明書などをよくお読みになり、感染症予防の効果と副反応など国が提供する接種に関する情報などを参考に、有効性と安全性について理解したうえで、お決めください。

海外で接種した場合の国内における接種回数の考えかたについて

海外・国内での接種に問わず、国内承認済みのワクチン(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)の接種済回数に応じた本人の申告に基づき、国内での残り接種回数が決定します。

例1) 海外での接種歴が無い → 日本で1回目のワクチン接種が始まる
例2) 国内承認済ワクチンを海外での接種歴(1回接種済みなど)を申告 → 海外の接種歴を反映して日本での接種を行う
例3) 国内承認済ワクチンを海外で接種したが申告せずに接種券を交付 → 日本で1回目のワクチン接種が始まる
例4) 国内未承認ワクチンを海外で接種した場合 → 日本で1回目のワクチン接種が始まる※
※国内承認ワクチンと未承認ワクチンの交互接種に係る安全性等について理解していただうえで接種をしていただきます

なお、海外で接種した接種歴は日本では確認できないため、接種歴を証明する場合は、接種国で証明書を交付する必要がございます。

また、海外で接種し、香芝市へ転入してきた場合も同じく接種歴の確認ができないため、転入者用の接種券新規発行申請を行わないと、接種券の交付はできません。
転入者の接種券新規発行申請の方法についてはこちらをご確認ください。

コロナワクチン接種における基礎疾患を有するものの範囲

  • 以下の病気や状態で通院・入院しているかた
    1. 慢性の呼吸器の病気
    2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    3. 慢性の腎臓病
    4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
    5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病またはほかの病気を併発している糖尿病
    6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    7. 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
    8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    11. 染色体異常
    12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    13. 睡眠時無呼吸症候群
    14. 重度の精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳を所持している(※)、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している(※)場合)
      ​(※)重い精神障害を有するものとして精神障害者保健福祉手帳を所持しているかた、および知的障害を有するものとして療育手帳を所持しているかたについては、通院または入院をしていない場合も、接種順位の上位に位置づける基礎疾患を有する者に該当する。
  • 基準(BMI30以上)を満たす肥満のかた
    ​※BMI30の目安:身長170センチメートルで体重約87キログラム、身長160センチメートルで体重約77キログラム。

接種を受ける際の同意について

接種を受けるかたの同意がある場合に限り接種を行います。

接種は強制ではありません。


皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?